投資用マンション 賃貸

MENU

投資用マンションの賃貸について

投資用ワンルームマンションですが、首都圏であれば利回りのいい物件がたくさんあることが分かりました。しかも1一棟所有するよりもリスクは少なく・比較的簡単に始めることができます。

 

もちろん、利回りのいい中古ワンルームを購入する必要があるのですが、その後にきちんと管理してくれる賃貸不動産管理会社を見つけなくてはいけません。

 

賃貸管理会社の種類
入居者募集から契約業務までを行う

わたしもこれまで賃貸契約を結構な数行ってきましたが、こちらのケースの管理会社が一番多いような気がします。CMで放送されてるchintai、アパマンショップ、エイブルなどもこちらに分類されます。ただし管理を行っているところもあるかもしれません。
CMや雑誌などで有名ですのでかなりの集客力はあるものの、不動産の管理に関しては、ご自身でやるか他社を探さなくてはいけません。

仲介業務と管理を行う

世帯数の少ないアパートやマンションに関しては、大家さんが掃除をしたり・物件の見回りをしているケースが多いと感じています。世帯数が多いと、大家さん1人で管理するのは難しいので、仲介業務と管理の両方を行っている不動産屋に依頼しています。
もちろんしっかり管理してくれる不動産屋もあるのですが、ほとんど何もしていないように感じる不動産屋もいますので、定期的にチェックする必要があるかもしれません。

仲介は別に委託して管理のみを行う

管理専門におこなっているので、共用部分で電球が切れてしまったり、何かあった際にも迅速な対応が期待できます。

 

ここで管理を任せるのは不安、そして費用も発生してくるので、ご自身で管理をしようと考える大家さんも少なくないようです。共用部分に関してはマンションの管理組合が掃除をしてくれますし、管理してくれます。

 

そして賃貸契約をする際は、当たり前のように保証会社を利用する時代となってきました。そこで家賃を回収できないなどの不安もなくなりますので、ご自身で管理してもまったく問題ないような気がします。

 

しかし、水漏れのトラブルやカギの紛失、入居者とのやりとりなどで急に連絡が入ることもあります。そんな時に旅行に出ていたら対応なんてできないですよね?

 

このように考えると、所有マンションを管理会社に任せるのは必要だと考えます。

 

投資用ワンルームマンション売却で理想の仲介業者を探す方法!