不動産投資 税金

MENU

不動産投資にかかる税金について

 

不動産投資をするにあたり、節税はとても重要になってきます。ただしその前にさまざまな税金もかかってきますので、どのような税金がかかるのか?不動産の金額に対してどのくらい費用がかかるのかを把握しておく必要があります。

 

不動産投資で少しでも多くの利益を上げて・運用をきちんとと行うためには、税金というものをしっかり把握しておかなければなりません。もちろん不動産投資だけではなく、個人の収入にかかってくる税金対策も重要です。

 

ここで不動産投資にかかる税金を挙げると、固定資産税や都市計画税、相続税もありますし、税率や特例、特別控除といったことに関しても、不動産投資初心者には少し難しいかもしれませんが、もともと家やマンションをもっている人には当たり前のことかもしれませんね。

 

不動産投資を始めて、かかってくる税金は種類としては5種類あります。不動産投資物件を取得するときにかかってくる税金としては、不動産取得税、登録免許税、印紙税が必要です。そして毎年固定資産税などもかかってきますから注意しましょう。

 

家賃収入が毎月入ってくる場合には、不動産の所得税もかかってきますし、住民税ももちろんかかってきます。

 

サラリーマンが不動産投資を行う場合には、会社での収入もありますから、不動産投資は経費として計算することができます。

 

減価償却費、不動産取得のローン金利といったものなども関わってきますので、サラリーマンとしての給与にかかる所得税の節税効果も期待できます。このような理由で、一時期はサラリーマン大家さんという本なども流行っていました。

 

このほかにも相続する場合には相続税と登録免許税もかかりますし、贈与税などもかかってきます。不動産投資を始めるにあたっては、まずはこれらの税金の種類をよく理解して、どのタイミングでどんな税金がかかってくるのか計算しておきましょう。

 

ただし資金に余裕のある方は、税金は税理士などに任せて、こちらは資産を増やすノウハウを確立することに専念するのが得策ではないでしょうか?